BOOKS and MOVIE REVIEW

本や映画の気ままレビュー
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 重力ピエロ 伊坂幸太郎 * main * 死神の精度 伊坂幸太郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!
伊坂さんその4。
うーん、「重力ピエロ」で書いた理由のために、やっぱり好きになりきれない。
でも構成はかなり凝っていて、素直に面白いと思った。
二回三回と読み返すと、また違った面白さに気づけそう。
* 【小説】 ミステリー・サスペンス * 22:13 * - * -
スポンサーサイト
* - * 22:13 * - * -